ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 天の花嫁

  • 天の花嫁

天の花嫁

  • 葵木あんね/著 葵木 あんね
    第1回ルルルカップ応募作「女王家の華燭」を長編用に加筆・修正しデビュー

  • シリーズ名
    小学館ルルル文庫 ルあ3-2
  • ISBN
    978-4-09-452205-1
  • 発売日
    2011年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

533 (税込:586

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 病気の母親を抱える杏麗は、その花を食べるとたちどころに病が治るという伝説の明蓮花を取りに竜成山へと旅に出る。しかし、そこで杏麗は、見てはならないものを見てしまい、人間界から天界へと連れ去られる。さらには天帝の息子と結婚し、子をなさなくてはならなくなったのだ。母の病気を治すどころか、まさか天界へと嫁ぐことになるとは…!?杏麗の操は守られるのか?大人気!葵木あんねが描く壮大な天界ファンタジー。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
対象年齢 中学生 高校生 一般

商品のおすすめ

禁断の山を登った杏麗が出逢ったのは!?
その山を登ると、帰って来られないという伝説のある竜成山。病気の母親を抱える杏麗は、その花を食べるとたちどころに病が治るという伝説の明蓮花を取りに竜成山へと旅に出る。しかし、そこで杏麗は、見てはならないものを見てしまい、人間界から天界へと連れ去られる。さらには天帝の息子と結婚し、子をなさなくてはならなくなったのだ。母の病気を治すどころか、まさか天界へと嫁ぐことになるとは・・・!?天界と地上に残してきた母との狭間で、引き裂かれる思いの杏麗。しかし、天帝の息子・青遼の苦しみの過去と、杏麗への優しさに触れるたびに、どんどん青遼に惹かれていく。やがて妻となることを受け入れはじめるのだが、そんな時、母が重篤な状態に!?杏麗は、どうすればいいの・・・!?大人気!葵木あんね、天界ファンタジーで登場!!

作り手の思い

世界観が美しく、ここまで見事に天界を描写できる作家さんがいらっしゃるだろうか!?その美しい情景も必見だが、杏麗と青遼のドラマチックなラブロマンスにも、ぐいぐい引きこまれます。1年ぶりに登場した葵木あんね先生。ぜひぜひご覧下さい

ページの先頭へ

閉じる

  • 天の花嫁
  • 天の花嫁

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中