ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 風の大地 22 二人の天才

  • 風の大地 22 二人の天才

風の大地 22 二人の天才

  • シリーズ名
    ビッグコミックス
  • 巻の書名
    二人の天才
  • ISBN
    978-4-09-185212-0
  • 発売日
    1999年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

505 (税込:555

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鹿沼CCにすごい男が現われた。沖田圭介24歳が、そのずばぬけた才能でプロゴルファーの道をめざす、サクセスストーリー。

    最終日、ウォーレンと回ることになった沖田は、観客がすべてウォーレンの味方という不利な状況の中、戦わなければならなかった。しかし、落雷の事故で入院したトム、日本で待つ友人たち、天国にいる宇賀神とリリィの応援を背にうけ、沖田は戦い続ける。

    コングレッショナルCCでの全米プロ選手権3日目。大会中、スランプが続く沖田だったが、10番ホールで二打目をピン右の“ベタピンショット”を放つ。ここでバーディを取りたい沖田はパティングの際、研修生のときに亡くなった宇賀神に言われた「パッティングは、目線を悩ませちゃいかん。」という言葉を思い出した……(第1話)。
    沖田は10番の後、13番でもバーディを取り、通算スコアをー7とし、トーナメントリーダーのウォーレンとノーマンと二打差まで追いついた。そして、17番ホール。ピンの位置がグリーン左奥にあるにもかかわらず、沖田はティショットで左サイドに打ってきた。このショットは、ミスなのか、それとも沖田の作戦なのか!?(第2話)
目次
第1話 目線のパッティング
第2話 勇者
第3話 プロの球
第4話 それぞれの朝
第5話 孤独な戦い
第6話 二人の天才
第7話 静寂
第8話 突き進む勇気
第9話 無謀な賭け

あわせて買いたい、よく一緒に購入されている商品

商品を選択してください

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ビッグC
対象年齢 一般

商品のおすすめ

▼第1話/目線のパッティング▼第2話/勇者▼第3話/プロの球▼第4話/それぞれの朝▼第5話/孤独な戦い▼第6話/二人の天才▼第7話/静寂▼第8話/突き進む勇気▼第9話/無謀な賭け●登場人物/沖田圭介(鹿沼カントリークラブ初のプロゴルファー)、シルバー・スコット・ウォーレン(天才ゴルファー。プロ歴7戦全勝。大財閥の御曹司)、グレゴリー・オースティン(下町のジャズハウスに出演中に沖田と出会ったサックス奏者)●あらすじ/コングレッショナルCCでの全米プロ選手権3日目。大会中、スランプが続く沖田だったが、10番ホールで二打目をピン右の“ベタピンショット”を放つ。ここでバーディを取りたい沖田はパティングの際、研修生のときに亡くなった宇賀神に言われた「パッティングは、目線を悩ませちゃいかん。」という言葉を思い出した……(第1話)。▼沖田は10番の後、13番でもバーディを取り、通算スコアをー7とし、トーナメントリーダーのウォーレンとノーマンと二打差まで追いついた。そして、17番ホール。ピンの位置がグリーン左奥にあるにもかかわらず、沖田はティショットで左サイドに打ってきた。このショットは、ミスなのか、それとも沖田の作戦なのか!?(第2話)●本巻の特徴/最終日、ウォーレンと回ることになった沖田は、観客がすべてウォーレンの味方という不利な状況の中、戦わなければならなかった。しかし、落雷の事故で入院したトム、日本で待つ友人たち、天国にいる宇賀神とリリィの応援を背にうけ、沖田は戦い続ける。

ページの先頭へ

閉じる

  • 風の大地 22 二人の天才
  • 風の大地 22 二人の天才

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中