ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 浮浪雲  67

  • 浮浪雲  67

浮浪雲  67

  • シリーズ名
    ビッグコミックス
  • ISBN
    978-4-09-185157-4
  • 発売日
    2000年12月

505 (税込:545

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 舞台は幕末の品川宿。物事に執着せず、ふわりと生きる問屋場の頭、浮浪雲。子供の教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、人生の達人・浮浪雲がサラリとヒントを与えてくれる。悩める現代人必読の名作ドラマ!!

    ある日、カメは三田村屋のおかみから、「夫の妾を世話したいのだが、だれかいい人の心当たりはないか」と尋ねられる。奇妙な頼み事に面食らったカメだが、おかみの熱意にほだされて引き受けることに…(第1話)。
    カメはある日、ずぶぬれの秋山堂を見かける。取りあえず、着替えと風呂を世話したカメは、秋山堂の口から「実は、見知らぬ者によって川に突き飛ばされた」という話を聞く…(第2話)。
目次
第1話 美味(おい)しい人々
第2話 カメさんの事件簿
第3話 風の子
第4話 ちぎれ雲
第5話 一円融合(いちえんゆうごう)
第6話 出番ですよ
第7話 寿三郎伝
第8話 今どきの女房
第9話 夜伽噺(よとぎばなし)

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ビッグC

ページの先頭へ

閉じる

  • 浮浪雲  67
  • 浮浪雲  67

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中