ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 浮浪雲 53 邀の巻

  • 浮浪雲 53 邀の巻

浮浪雲 53 邀の巻

  • シリーズ名
    ビッグコミックス
  • 巻の書名
    邀の巻
  • ISBN
    978-4-09-183343-3
  • 発売日
    1995年00月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

505 (税込:555

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 舞台は幕末の品川宿。物事に執着せず、ふわりと生きる問屋場の頭、浮浪雲。子供の教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、人生の名人浮浪雲がサラリとヒントを与えてくれる。悩める現代人必読の名作ドラマ!!

    病気の息子のために食べ物をわけてもらおうと町へ出た男。世の中には親切な人がいると信じていたのだが、誰も男を相手にしてくれない。男は通りがかりの旦那に懇願するが、ふとしたはずみからその旦那を殺してしまう(第1話)。
    身の回りで起こる災難やら病気が不安で最近どうも不眠症気味の新之助は、同じような状態のカメと一緒に渋沢先生を訪ねる。渋沢先生の教えてくれた、災難を逃れる方法とは?(第2話)。
    病気の母のために、万寿様への七日まいりをはじめた少女。危険な夜道を行く少女に浮浪雲は、岡っ引きの千蔵親分をうまくだまして、護衛役にしてしまう(第3話)。
目次
第1話 一銭に泣く
第2話 ひつじが百匹
第3話 春の雨
第4話 すきま風
第5話 ひと粒の米
第6話 清吉
第7話 ポカンポカン
第8話 不安酒
第9話 うらみとつらみ
第10話 まま父

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ビッグC
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 浮浪雲 53 邀の巻
  • 浮浪雲 53 邀の巻

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中