ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 楳図かずお イアラ

  • 楳図かずお イアラ

楳図かずお イアラ

  • ISBN
    978-4-09-179382-9
  • 発売日
    2002年11月

4,800 (税込:5,184

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 恐怖マンガの巨匠・楳図かずおが描いた名作『イアラ』が豪華特製本で登場!!イアラ本編と短編集に加え、作者の詩集「闇のアルバム」及び、楳図先生の軌跡をたどる解説「言葉には呪詛がある」を収録した2冊構成。本編の内容は、大仏建立の陰に起きた男女の尊くも哀しい物語。“大仏のたましい”として、生きたまま大仏の胎内に溶かされる女。その記憶を胸に永遠の時を生きる運命を負った男。時空を超えたドラマの結末は……!?
     
    「漫画の枠をやぶりたい…!」楳図ワールドの真髄が今、明らかに。豪華2冊組み特製本、ついに登場!!
     
    あらすじ  遙か天平の昔、土麻呂は奴婢の娘・小菜女(さなめ)と恋に落ちた。だが、大仏建立事業のために土麻呂は都に狩り出されてしまう。男に逢いたい一心で、ぼろぼろになりながら都まで歩いてきた小菜女。力尽きて現場の前に倒れていた女を救ったのは、建立の指揮官・国中公麻呂だった(第1分冊「イアラ」第1話)。
     
    本巻の特徴/恐怖マンガの巨匠・楳図かずおが描いた名作『イアラ』が、豪華特製本で登場!!イアラ本編と短編集に加え、作者による解説「言葉には呪詛がある」と、詩集「闇のアルバム」を収録した2冊構成。
目次
【第1分冊】
イアラ(本編)
イアラ解説「言葉には呪詛がある」
 
【第2分冊】
第1話   Rojin
第2話   蛇
第3話   サンタクロースがやってくる
第4話   ダリの男
第5話   内なる仮面
第6話   残酷の一夜
第7話   ほくろ
第8話   隣の人
第9話   森の唄
第10話  首
第11話  絶食
第12話  砂
第13話  目
第14話  ねがい
第15話  こがらし
第16話  指
第17話  ロウソク
第18話  ねむり
詩集   「闇のアルバム」

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル その他少年C

ページの先頭へ

閉じる

  • 楳図かずお イアラ
  • 楳図かずお イアラ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中