ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 第九の波濤 3

  • 第九の波濤 3

第九の波濤 3

  • シリーズ名
    少年サンデーコミックス
  • ISBN
    978-4-09-127879-1
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

429 (税込:463

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 海に、青春を預けることにした18の春。

    好きな子を追いかけて、長崎大学水産学部に
    入った東京育ちの海老原湊は、
    泳ぐことさえままならない超都会っ子。

    しかし、海を学び、海を楽しむ、学部の先輩達にふれ、
    自らも「海にきちんと向き合おう」と、決意。

    そんな中、外洋帆船部(大型ヨット)の見学に、
    クラスメートの潜木洋介と行くことになるが、
    彼が、高校時代小型ヨットで名を馳せた選手だと知るや、
    「なんで辞めたの?」
    と空気を読まずに、ぐいぐい。

    「大丈夫! みんなには黙っとくから、僕にだけは教えてくれよ」
    「なんでお前だけが特別かとや!!」

    湊は、潜木の止まった帆を押す、強い風になれるのか…








    【編集担当からのおすすめ情報】
    1・2巻の表紙を飾った正反対の二人。
    時にぶつかりあいながら、海が彼らをつないでいきます。

    そんななか明らかになる、
    高校時代の潜木がなぜヨットを辞めたのか、の回は、
    切なくて、青臭くて、胸が詰まります…!

    こんな経験を経て、いま、潜木という男が
    湊という男に出会ったのだ…と、思うと、
    身もだえするほどに、彼らが愛しい…!
    担当編集は、何度も読み返して、
    何度も涙腺がゆるゆるになっております…!

    一方で、湊が恋い焦がれてやまない
    凪子も、女友達いない系だったのですが、
    東京でついに親友と呼べる存在を見つけます。

    大学は、生まれも育ちも価値観も違う人と出会うべく、
    自らが進んで選んだ道だから、たのしい。
    こんな大学生活を送りたい、送りたかった! と
    思うこと必至の第3巻です!!!!

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル 少年サンデーC
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 第九の波濤 3
  • 第九の波濤 3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中