ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 共産主義黒書 犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇

  • 共産主義黒書 犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇

共産主義黒書 犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇

  • ISBN
    978-4-87430-027-5
  • 発売日
    2006年07月

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ロシア革命の世界革命化を狙ったコミンテルンと、人類史上未曾有の犠牲者を生み出したアジア共産主義の現実。ナチズムの犠牲者約2500万人に対し、共産主義により殺された人数は、ソ連2000万、中国6500万、ベトナム100万、北朝鮮200万、カンボシア200万、東欧100万、ラテン・アメリカ15万、アフリカ170万、アフガニスタン150万を数え、合計は1億人に近い。民族・人種によるジェノサイドとイデオロギーによるジェノサイドはどこが違うのか。なぜ、共産主義は今日まで弾劾されずにいるのか?
目次
第1部 世界革命・内戦・テロル(行動に移ったコミンテルン
スペインへ伸びたNKVD(内務人民委員部)の影)
第2部 アジアの共産主義―「再教育」と虐殺のあいだ(中国―夜のなかへの長征
北朝鮮・ベトナム・ラオス―竜を産み落としたもの
カンボジア―目をおおうばかりの犯罪の国で
結論)
なぜだったのか?

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Le livre noir du communismeの抄訳
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 共産主義黒書 犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇
  • 共産主義黒書 犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中