ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マリアン・アンダースン

  • マリアン・アンダースン

マリアン・アンダースン

  • コスティ・ヴェハーネン/著 石坂廬/訳 ヴェハーネン,コスティ(Vehanen,Kosti)
    1887生~1957没。フィンランドのトゥルク生まれのピアニストで、作曲家でもある。1905年から1910年までヘルシンキ音楽学校(現シベリウス音楽院)で学んだ後、ベルリン、パリ、ローマで研鑽を積んだ。北欧や英国の主要オーケストラとの共演を含めて生涯に3000回を超えるコンサートで演奏したが、マリアン・アンダースン、アイノ・アクテ、マイッキ・ヤルネフェルトなどの20世紀前半期の重要な歌手たちの伴奏者としても活躍した。作曲家としてはピアノ曲、フィンランド民謡の編曲、歌曲、バレー曲およびヴァイオリンやチェロのための幻想曲を作曲している。1957年に故郷のトゥルクで亡くなった。享年69歳

    石坂 廬
    1946年関東州大連市(現中国東北部)生まれ。早稲田大学卒業。日本火災海上保険に32年間勤務の後、笹川平和財団等に勤務。小学校よりコーラスを始め、早稲田大学グリークラブで男声合唱を行う。これまで海外との文化交流で、イスラエル、西ドイツ、オーストリア、ラトヴィア、英国、中国、台湾を訪問し、合唱祭や演奏会に男声唱団員として参加。現在稲門グリークラブ、日本ラトヴィア音楽協会、六声会の各会員

  • ISBN
    978-4-86598-057-8
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • トスカニーニやシベリウスに絶賛されたアメリカを代表する黒人クラシック歌手と共に過ごした伴奏者が綴る貴重な回想録。運命的な北欧デビューから大成功のヨーロッパ・南米コンサートツアーを経て、米国史に残るリンカン記念堂の75000人コンサートまでを記す。1930年代という激動の時代に世界を駆け巡った2人の音楽家の旅。当時の貴重な写真を多数掲載。
目次
第1章 北欧の国々(北欧デビュー
シベリウスとの出会い
フィンランド演奏旅行 ほか)
第2章 ヨーロッパおよび南アメリカ歌の旅(ヨーロッパツアーのはじまり
ソヴィエト政権下のコンサートツアー
パリで大成功 ほか)
第3章 アメリカ合衆国(旅先でのマリアン
敬愛する母
人種問題 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • マリアン・アンダースン
  • マリアン・アンダースン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中