ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 松本俊夫著作集成 1 一九五三-一九六五

  • 松本俊夫著作集成 1 一九五三-一九六五

松本俊夫著作集成 1 一九五三-一九六五

  • 松本俊夫/著 阪本裕文/編 松本 俊夫
    1932年生まれ。映画監督・映像作家。東京大学文学部美学美術史科を卒業後、新理研映画に入社し、実験工房のメンバーを起用してPR映画『銀輪』(1956)を演出。その後、教育映画作家協会(記録映画作家協会)に入会し、機関誌『記録映画』において前衛記録映画の理論を展開させ、その実践として『西陣』(1961)、『石の詩』(1963)などの記録映画を演出する。やがて作家協会内部の対立を経て、1964年には映像芸術の会を発足させ、同時代の作家らとともに映画運動を組織してゆく

  • 巻の書名
    一九五三-一九六五
  • ISBN
    978-4-86405-096-8
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,000 (税込:6,600

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
1 一九五三‐一九六〇(現実に密着した美術を―ニッポン展評
作者内部の概念規定が曖昧―武井・針生論争
『銀輪』 ほか)
2 一九六一‐一九六三(疑似前衛批判序説
モダニズムとクリティック
「バラの蕾」とはなにか―『市民ケーン』とオーソン・ウェルズ ほか)
3 一九六四‐一九六五(本能と外界の接点を抉る―『にっぽん昆虫記』(日活)
書評―武井昭夫著『創造運動の論理』
文学における「戦後」の超克 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 松本俊夫著作集成 1 一九五三-一九六五
  • 松本俊夫著作集成 1 一九五三-一九六五

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中