ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 毒の科学 毒と人間のかかわり 毒はどのように利用され解明されてきたのか、文化的・歴史的にアプローチする

  • 毒の科学 毒と人間のかかわり 毒はどのように利用され解明されてきたのか、文化的・歴史的にアプローチする

毒の科学 毒と人間のかかわり 毒はどのように利用され解明されてきたのか、文化的・歴史的にアプローチする

  • 船山信次/著 船山 信次
    1951年仙台市生まれ。東北大学薬学部卒業・東北大学大学院薬学研究科博士課程修了、天然物化学専攻。薬学博士。東北大学医学部細菌学教室研究生、イリノイ大学薬学部博士研究員、北里研究所微生物薬品化学部研究員~室長補佐、東北大学薬学部生薬学教室助手~専任講師、青森大学工学部生物工学科天然物化学分野助教授~教授、青森大学大学院環境科学研究科教授(併任)、弘前大学地域共同研究センター客員教授(兼任)などを経て、日本薬科大学教授。日本薬史学会評議員。Pharmaceutical Biology(USA)副編集長

  • シリーズ名
    史上最強カラー図解
  • ISBN
    978-4-8163-5409-0
  • 発売日
    2013年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 毒と人間の歴史をたどりながら毒がどのように利用され、解明されてきたかを文化的かつ科学的な側面からわかりやすく解説。
目次
第1章 毒と人間の歴史(毒はどのようにとらえられてきたか?
近代科学の発展と毒)
第2章 毒を科学する(毒とは何か?―基本知識とその分類について
毒の侵入と身体への作用)
第3章 毒と人間の危険な関係(規制薬物
毒と兵器
公害の原因tなる毒
放射性物質、放射線、放射能)
第4章 毒をもつ動物や植物(植物の毒
病原性微生物の毒
キノコの毒
魚介類の毒
節足動物の毒
両生類の毒
爬虫類の毒)
第5章 毒の有効利用(生活のなかで利用されている毒
医療に貢献する毒)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 毒の科学 毒と人間のかかわり 毒はどのように利用され解明されてきたのか、文化的・歴史的にアプローチする
  • 毒の科学 毒と人間のかかわり 毒はどのように利用され解明されてきたのか、文化的・歴史的にアプローチする

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中