ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 文学熱の時代 慷慨から煩悶へ

  • 文学熱の時代 慷慨から煩悶へ

文学熱の時代 慷慨から煩悶へ

  • 木村洋/著 木村 洋
    1981年兵庫県に生まれる。2004年神戸大学文学部卒業。2010年神戸大学大学院人文学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員などを経て、熊本県立大学文学部准教授、博士(文学)

  • ISBN
    978-4-8158-0821-1
  • 発売日
    2015年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,400 (税込:5,832

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 政治の季節が終わり、蘇峰が新たな理想を求め、独歩が無名の人民の経験を「記憶せよ」と呼びかけるうちに、文学は切実な営みとして「発見」された。内面の告白や青年の煩悶をひとたび正面から受け止め、経世の世にあって人生を問いかけていった知識人の挑戦を、端正に描き出す力作。
目次
第1部 政治と文学の紐帯(徳富蘇峰の文学振興
経世と詩人論―徳富蘇峰の批評活動
明治中期、排斥される馬琴―松原岩五郎の事例
平民主義の興隆と文学―国木田独歩『武蔵野』論
民友社史論と国木田独歩―「人民の歴史」の脈絡
人生を思索する精神―一八九〇年代の内村鑑三)
第2部 文学の卓越化(告白体の高山樗牛
藤村操、文部省訓令、自然主義
明治後期文壇における告白―梁川熱から自然主義へ
自然主義と教育界―正宗白鳥「何処へ」を中心に
政治の失墜、文学の隆盛―一九〇八年前後
自然派ぶりの漱石)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 文学熱の時代 慷慨から煩悶へ
  • 文学熱の時代 慷慨から煩悶へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中