ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新宗教と総力戦 教祖以後を生きる

  • 新宗教と総力戦 教祖以後を生きる

新宗教と総力戦 教祖以後を生きる

  • 永岡崇/著 永岡 崇
    1981年奈良県に生まれる。2004年大阪大学文学部人文学科卒業。2011年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、日本学術振興会特別研究員、博士(文学)

  • ISBN
    978-4-8158-0815-0
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,400 (税込:5,832

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「いざ、ひのきしん隊」教祖亡き後、その存続をかけて自己形成をはかる新宗教。当局の介入や国家主義の高まり、戦時総動員の動きといった状況のなかで、指導者や信者たちは、前代の「遺産」をどう読み替え、信仰実践の地平を拓いてきたのか。天理教を事例に、人々が生きた新宗教の実像に迫る。
目次
序章 新宗教と総力戦
第1章 信仰共同体の危機と再構築―飯降伊蔵と本席‐真柱体制
第2章 戦前における中山正善の活動―宗教的世界の構築とその政治的位置について
第3章 「革新」の時代
第4章 宗教経験としてのアジア・太平洋戦争―“ひのきしん”の歴史
第5章 宗教のなかの「聖戦」/「聖戦」のなかの宗教―“ひのきしん”の思想
第6章 「復元」の時代
終章 動員への経路

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • 新宗教と総力戦 教祖以後を生きる
  • 新宗教と総力戦 教祖以後を生きる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中