ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • Free culture いかに巨大メディアが法をつかって創造性や文化をコントロールするか

  • Free culture いかに巨大メディアが法をつかって創造性や文化をコントロールするか

Free culture いかに巨大メディアが法をつかって創造性や文化をコントロールするか

  • ローレンス・レッシグ/著 山形浩生/訳 守岡桜/訳 レッシグ,ローレンス(Lessig,Lawrence)
    現在スタンフォード大学の憲法学教授およびサイバー法センターの教授。また、クリエイティブ・コモンズの主導者でもある。『CODE』によりサイバー法の第一人者とされ、次の『コモンズ』においてもインターネットによる新しい文化創造の問題に取り組み話題を呼んでいる

    山形 浩生(ヤマガタ ヒロオ)
    1964年東京生まれ。東京大学都市工学科修士課程およびマサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務のかたわら、小説、経済、ネット文化、コンピュータなど無節操なほどに広範な分野での翻訳および各種の雑文書きに手を染める。フリーソフトの社会経済的な意義に関しても造詣が深い

    守岡 桜(モリオカ サクラ)
    1975年京都生まれ。大学在学中にアメリカに留学。卒業後、秘書職を経て現在に至る

  • ISBN
    978-4-7981-0680-9
  • 発売日
    2004年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自由な文化は技術が変わり著作権のもたらすバランスが変わるにつれて、そのバランスを最新の状態に保つ。でも奇妙なことに、少なくとも政策立案者たちの中では、繁栄は知的財産権が最大化されたときにしか起きないというこれと対立する発想がある。権利を増やすのが常によいことだ、というわけだ。保護を増やすのが常に効率を最大化する、とでも言うようだ。この正反対の見方は、われわれの社会でどんなに有力だろうと、根本的にまちがっている。本書では、なぜまちがっているかを示そうとしている―そしてもっと重要なこととして、デジタル技術の経済成長と創造的な可能性が実現されるためには、このまちがった見方を改めることが重要だということを示そうとしている。
目次
「海賊行為」(クリエータ
ただの猿まね屋 ほか)
「財産」(創設者たち
記録者たち ほか)
謎(キメラ
害)
バランス(エルドレッド
エルドレッド2)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原書名:Free culture
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • Free culture いかに巨大メディアが法をつかって創造性や文化をコントロールするか
  • Free culture いかに巨大メディアが法をつかって創造性や文化をコントロールするか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中