ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 解説屋稼業

  • 解説屋稼業

解説屋稼業

  • 鹿島茂/著 鹿島 茂(カシマ シゲル)
    1949年、横浜市生まれ。東京大学大学院博士課程修了。フランス文学専攻。現在、共立女子大学教授

  • ISBN
    978-4-7949-6496-0
  • 発売日
    2001年08月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 著者はプロの解説屋である!?本を勇気づけ、読者を楽しませる鹿島流真剣勝負の妙技、ここにあり。
目次
第1章 解説屋は伴走者である(一行分の人生を生きぬいた男たち―川本三郎『スタンド・アローン』
さらば、夏の光よ―川本三郎『マイ・バック・ページ』 ほか)
第2章 感性の連帯保証と、とびきり愉快な別解(「赤と黒」と「右翼の黒幕」―『大岡昇平全集』月報21
『幸福号出帆』と『鏡子の家』の関係―三島由紀夫『幸福号出帆』 ほか)
第3章 「問い」の質と量(丸谷流エッセイのおもしろさ―丸谷才一『青い雨傘』
パリの風来坊日本人―藤田宜永『巴里からの遺言』 ほか)
第4章 時代を読む、歴史を読む(近代日本と官僚制、あるいは三島由紀夫―猪瀬直樹『ペルソナ三島由紀夫伝』
二十世紀の「知の考古学」―丸谷才一・山崎正和『二十世紀を読む』 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 解説屋稼業
  • 解説屋稼業

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中