ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パラノイアに憑かれた人々 上 ヒトラーの脳との対話

  • パラノイアに憑かれた人々 上 ヒトラーの脳との対話

パラノイアに憑かれた人々 上 ヒトラーの脳との対話

  • ロナルド・シーゲル/著 小林等/訳 シーゲル,ロナルド(Siegel,Ronald K.)
    カリフォルニア大学ロサンゼルス校精神医学行動科学科准教授。法精神薬理学の専門家として、注目を集めた数多くの刑事事件の鑑定証人を務めている。科学雑誌OmniやScientific American等に寄稿している。ロサンゼルス在住

    小林 等(コバヤシ ヒトシ)
    翻訳家。慶応義塾大学大学院社会学研究科修了

  • 巻の書名
    ヒトラーの脳との対話
  • ISBN
    978-4-7942-1083-8
  • 発売日
    2001年09月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 妄想症、偏執病と訳されるパラノイアは、内的な要因に発する妄想体系に冒される精神障害の病態である。妄想といっても支離滅裂なものではなく、それなりに論理的で筋が通ったものであり、妄想にとらわれている点以外は異常が認められないのが特徴であるという。著者はカリフォルニア大学の精神医学准教授。特異な妄想に取り憑かれた人々と数多く接しており、パラノイアをたんなる病的な異常として退けず、すべての人間の意識の奥底にひそむものとして考察を加えている。本書は著者が出会った11のケースについて、まるでミステリー小説のような筆致でその実態を克明に記述したものである。
目次
プロローグ 暗闇の中で蠢くもの
序章 パラノイアの悪魔
第1話 ヒトラーの脳との対話
第2話 個人監視用人工衛星
第3話 歯がささやきかける
第4話 鏡の中のバレリーナ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:Whispers
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • パラノイアに憑かれた人々 上 ヒトラーの脳との対話
  • パラノイアに憑かれた人々 上 ヒトラーの脳との対話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中