ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヴァーチャル社会の〈哲学〉 ビットコイン・VR・ポストトゥルース

  • ヴァーチャル社会の〈哲学〉 ビットコイン・VR・ポストトゥルース

ヴァーチャル社会の〈哲学〉 ビットコイン・VR・ポストトゥルース

  • 大黒岳彦/著 大黒 岳彦
    1961年香川県生まれ。哲学者。東京大学教養学部卒業。同大学院理学系研究科(科学史・科学基礎論専攻)博士課程単位取得退学。1992年日本放送協会(NHK)に入局、番組制作ディレクターを務める。退職後、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。専門は哲学、情報社会論。現在、明治大学情報コミュニケーション学部教授。最新の技術革新を伝統的な人文科学と融合させて論じている

  • ISBN
    978-4-7917-7126-4
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,600 (税込:3,960

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “次なる真理”という“価値”の確立が、情報社会の最重要課題である。あらゆるものには意味がある。われわれを包囲する洪大な情報に、いまなにが起きているのか―。Amazon、ビットコイン、ブロックチェーン、VR、MR、そしてコミュ障まで、注目される現象の“深層”構造にせまる。これまで維持されてきた「現実」の一義性が失われ、ブレを示しはじめた社会の実相を、克明精到に分析、末節まで解き明かす。すべては真実への予兆なのか?現代情報哲学の金字塔。
目次
第1章 アマゾン・ロジスティックス革命と「物流」の終焉
第2章 「モード」の終焉と記号の変容
第3章 ビットコインの社会哲学
第4章 情報社会の“こころ”
第5章 身体データとコントロール社会
第6章 VR革命とリアリティの“展相”
終章 “文書”の存在論と“ポストトゥルース”問題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ヴァーチャル社会の〈哲学〉 ビットコイン・VR・ポストトゥルース
  • ヴァーチャル社会の〈哲学〉 ビットコイン・VR・ポストトゥルース

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中