ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 書物の夢、印刷の旅 ルネサンス期出版文化の富と虚栄

  • 書物の夢、印刷の旅 ルネサンス期出版文化の富と虚栄

書物の夢、印刷の旅 ルネサンス期出版文化の富と虚栄

  • ラウラ・レプリ/著 柱本元彦/訳 レプリ,ラウラ(Lepri,Laura)
    フィレンツェ出身の編集者。ミラノ国立大学大学院・ヴェネツィア国立大学講師。現在では、セッテンブリーニ賞やマストロナルディ賞の文学賞審査員を務め、イタリア屈指の編集者として知られる

    柱本 元彦
    1961年生まれ。大学非常勤講師、翻訳家

  • ISBN
    978-4-7917-6831-8
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 公用語の統一、海賊版の拡散の阻止、活版印刷技術から、美しい造本の計画まで…。世界初の編集者や校正者と共に、ルネサンス期のヴェネツィアを旅する。出版文化と印刷技術の創世記、そこに生きる人たちはどのような仕事をし、どのような富と栄光、そして屈辱の中に生きていたのか。とある伝説の書の出版企画を皮切りに、物語は始動する。
目次
第1章 一五二七年秋、ヴェネツィア、書籍ブームの到来。カスティリオーネの『宮廷人』が印刷にかけられようとしているが、出版者はまだ決心がつかない。
第2章 碇とイルカの印刷所、アルド・マヌーツィオとその後継者たち。世代交代。校正者は誰か。
第3章 『宮廷人』の仲間たち。ローマに遊ぶヴェネツィアの文人たち。誰もが蒐集熱に取り憑かれていた。
第4章 ついに校正者は仕事にとりかかる。略奪されるローマからヴェネツィアへ。
第5章 「熾烈な競争」。盗難、横領、暴力、虚偽、詐欺。争う出版者たち。激怒する著者たち。
第6章 死者は横たわり生者はみなボローニャに赴く。教皇と皇帝の到着。遺産争奪戦。
第7章 ペンは剣よりも強し。ヴェネツィアの文士たち。
第8章 奢侈、祝祭、放縦。『ヴェネツィア婦人』。良家の子女と巷の噂。
第9章 一五四二年九月末。砕かれた野望。仮借ない共和国の審判。われらの編集者には悲劇が。そして忘却、すべてが無に沈む。おそらく。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Del denaro o della gloria
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 書物の夢、印刷の旅 ルネサンス期出版文化の富と虚栄
  • 書物の夢、印刷の旅 ルネサンス期出版文化の富と虚栄

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中