ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本主義的教養の時代 大学批判の古層

  • 日本主義的教養の時代 大学批判の古層

日本主義的教養の時代 大学批判の古層

  • 竹内洋/編 佐藤卓己/編 竹内 洋(タケウチ ヨウ)
    1942年新潟県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。京都大学博士(教育学)。京都大学大学院教育学研究科教授を経て、関西大学文学部教授。京都大学名誉教授。専攻は歴史社会学・教育社会学

    佐藤 卓己(サトウ タクミ)
    1960年広島県生まれ。1989年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。京都大学博士(文学)。東京大学社会情報研究所助手、同志社大学文学部助教授、国際日本文化研究センター助教授を経て、京都大学大学院教育学研究科助教授。専攻はメディア史・広報学

  • シリーズ名
    パルマケイア叢書 21
  • ISBN
    978-4-7601-2863-1
  • 発売日
    2006年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 帝大を史上最悪の危機に陥れた〈蓑田的なるもの〉とは何か。大正・昭和史の定説の再考を迫る。(歴史図書総目録より)
目次
第1章 帝大粛正運動の誕生・猛攻・蹉跌
第2章 天皇機関説批判の「論理」―「官僚」批判者蓑田胸喜
第3章 写生・随順・拝誦―三井甲之の思想圏
第4章 英語学の日本主義―松田福松の戦前と戦後
第5章 戦時期の右翼学生運動―東大小田村事件と日本学生協会
第6章 日本主義的社会学の提唱―赤神良譲の学術論
第7章 日本主義ジャーナリズムの曳光弾―『新聞と社会』の軌跡

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

帝大を史上最悪の危機に陥れた<蓑田的なるもの>とは何か。大正・昭和史の定説の再考を迫る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本主義的教養の時代 大学批判の古層
  • 日本主義的教養の時代 大学批判の古層

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中