ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 考証東京裁判 戦争と戦後を読み解く

  • 考証東京裁判 戦争と戦後を読み解く

考証東京裁判 戦争と戦後を読み解く

  • 宇田川幸大/著 宇田川 幸大
    1985年、神奈川県に生まれる。2015年、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。現在、中央大学商学部助教、博士(社会学・一橋大学)

  • シリーズ名
    歴史文化ライブラリー 476
  • ISBN
    978-4-642-05876-6
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,700 (税込:1,870

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「東京裁判」は日本をいかに裁いたのか。帝国主義・植民地主義・レイシズム(人種差別)の発想と、今日の歴史認識問題にもつながる戦争観を重視し、膨大な史料を用いて裁判を再検証。不可視化された戦争被害の諸相に迫る。
目次
近代日本の戦争と東京裁判―プロローグ
裁きへの道(日本の戦争と欧米諸国の怒り
戦争責任の追及と国際検察局の始動 ほか)
「第二の戦争」日本側の裁判対策(裁判対策の開始
交差する戦争観―陸軍・海軍・外務省の確執 ほか)
法廷での攻防(始まった検察側の立証
検察側の立証と日本軍の残虐行為 ほか)
下された判決(判決書と日本の戦争、残虐行為
判決書と陸海軍、外務省 ほか)
サンフランシスコ平和条約と戦後日本―エピローグ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

第二次大戦後、連合国が日本の戦争責任を追及した「東京裁判」。
膨大な被害を生んだ日本の戦争を、法廷はどのように裁いたのか。
帝国主義・植民地主義・レイシズム(人種差別)といった発想と裁判審理との関わり、今日の歴史認識問題にもつながる戦争観を重視しつつ、膨大な史料を用いて裁判を再検証。
不可視化された戦争被害の諸相に迫る。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 考証東京裁判 戦争と戦後を読み解く
  • 考証東京裁判 戦争と戦後を読み解く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中