ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 平安京はいらなかった 古代の夢を喰らう中世

  • 平安京はいらなかった 古代の夢を喰らう中世

平安京はいらなかった 古代の夢を喰らう中世

  • 桃崎有一郎/著 桃崎 有一郎
    1978年東京都に生まれる。2001年慶應義塾大学文学部卒業。2007年慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学、博士(史学)。現在、高千穂大学商学部教授

  • シリーズ名
    歴史文化ライブラリー 438
  • ページ数
    276p
  • ISBN
    978-4-642-05838-4
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,800 (税込:1,980

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 平安京は必要だったのか―。理念優先で造られ住むには不便だった都市が、その「使いにくさ」を克服し、中世京都へと脱皮していく姿を鮮やかに描く。新視点で平安京を捉え直し、“千年の都”の本質に迫る刺激的な書。
目次
中世からは見えない中世京都―プロローグ
平安京の規格と理念(古代のミヤコと中国の都城―律令国家が求めたもの
平安京の規格―座標系に投影された身分秩序の写像
日本の身分制度―ラベルとしての位階官職、原点としての天皇
平安京の構造と身分制度―観念的な秩序の実体化)
実用性なき平安京(平安京を守る朝廷、平安京を破壊する住人
平安京は日本の実情に合わせて造られたか
実用性なき主要街路・朱雀大路
外交の“舞台”としての朱雀大路
祭礼の“舞台”としての朱雀大路)
大きすぎた平安京―“平安京図”という妄想(未完成の平安京
衰退する右京
成長する左京
土地があり余る平安京
平安京を埋められない人口
縮小する政務、引きこもる天皇)
平安京の解体と“京都”への転生(摂関政治と平安京の再利用―平安京の終わりの始まり
持て余す大内裏、快適な里内裏―仮住まいに永住する天皇
院政が捨てた大内裏―中世京都への脱皮、抜け殻としての平安京
大内裏を諦めなかった男・信西―選択と淘汰の大内裏再建
信西の中世国家設計と正面観主義―“背景セット”としての平安京・大内裏)
内裏の適正サイズと大内裏の中世的“有効活用”―エピローグ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

平安京は本当に必要だったのか―。
朝廷の壮大な理念が優先され、住む側にとっては不便きわまりなかった都市。
儀礼を演じる劇場として巨大化した“理想の都”は、ついに天皇でさえも空間を持てあまし、
やがて縮小をくり返しながら中世京都へと脱皮していく。
「使いにくさ」に目を向け平安京を捉え直した、“千年の都”の本質に迫る刺激的な一冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 平安京はいらなかった 古代の夢を喰らう中世
  • 平安京はいらなかった 古代の夢を喰らう中世

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中