ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 評伝小室直樹 上 学問と酒と猫を愛した過激な天才

  • 評伝小室直樹 上 学問と酒と猫を愛した過激な天才

評伝小室直樹 上 学問と酒と猫を愛した過激な天才

  • 村上篤直/著 村上 篤直
    昭和47(1972)年、愛媛県生まれ。平成3(1991)年、愛光学園高等部卒業。平成4(1992)年、東京大学教養学部理科2類中退。平成9(1997)年、東京大学法学部卒業。平成11(1999)年、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程中退。弁護士(新六四期)

  • 巻の書名
    学問と酒と猫を愛した過激な天才
  • ISBN
    978-4-623-08384-8
  • 発売日
    2018年09月

2,400 (税込:2,592

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 橋爪大三郎編著『小室直樹の世界』から5年。もう一つの日本戦後史がここにある!「小室直樹博士著作目録/略年譜」の筆者・村上篤直が、関係者の証言を元に、学問と酒と猫をこよなく愛した過激な天才の生涯に迫る。
    会津士魂に生きた日本伏龍・小室直樹。上巻は征夷大将軍に憧れた柳津国民学校時代を皮切りに、サムエルソン成敗の誓い、社会科学の方法論的統合を目指した情熱と憂国。伝説の「小室ゼミ」の誕生から拡大までを描く。
目次
柳津国民学校―征夷大将軍になりたい
会津中学校―敗戦、ケンカ三昧の日々
会津高校―俺はノーベル賞をとる
京都大学―燃える“ファシスト”小室と“反戦・平和”弁論部
軍事科学研究会と平泉学派―烈々たる憂国の真情
大阪大学大学院経済学研究科―日本伏龍 小室直樹
米国留学、栄光と挫折―サムエルソンを成敗する!
東京大学大学院法学政治学研究科―社会科学の方法論的統合をめざして
田無寮―学問と酒と猫と
社会指標の研究―福祉水準をどう測定するか
小室ゼミの誕生と発展―君は頭がいいなぁ、素晴らしい!
一般評論へ―日本一の頭脳、四四歳、独身、六畳一間暮らし
小室ゼミの拡大―橋爪大三郎の奮闘
瀕死の小室―すべては良い論文を書くために
出産の謎―父はマルクス、母はフロイト

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 評伝小室直樹 上 学問と酒と猫を愛した過激な天才
  • 評伝小室直樹 上 学問と酒と猫を愛した過激な天才

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中