ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 海洋アジアvs.大陸アジア 日本の国家戦略を考える

  • 海洋アジアvs.大陸アジア 日本の国家戦略を考える

海洋アジアvs.大陸アジア 日本の国家戦略を考える

  • 白石隆/著 白石 隆
    1950年生まれ。1972年東京大学教養学部卒業。1977年コーネル大学大学院博士課程修了。1986年博士号取得(Ph.D.)。東京大学教養学部助教授、コーネル大学教授、京都大学東南アジア研究所教授、政策研究大学院大学副学長、内閣府総合科学技術会議議員を経て、政策研究大学院大学学長・日本貿易振興機構アジア経済研究所所長。主著:An Age in Motion,Cornell University Press,1999.、大平正芳アジア太平洋賞受賞。『海の帝国』中央公論新社、2000年、読売・吉野作造賞受賞

  • シリーズ名
    セミナー・知を究める 1
  • ISBN
    978-4-623-07571-3
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 経済規模がG7を上回り、アジアが「世界の中心」となりつつある今、アメリカは、アジア回帰へと舵を切った。巨大国家・中国を中心とする大陸連携の動きのなかで、現在の「力の均衡」を担保しつつ、通商・安全保障の新秩序を創ることはできるのか。アジアの地政学的な状況把握から、東南アジア・ASEAN諸国の現状を詳細に分析し、戦後七〇年を経た日本の国家戦略を探る。
目次
序章 なにが問題なのか
第1章 長期の趨勢を読み解く(新興国の台頭とグローバル・ガバナンスの変容
中国の台頭と東アジア/アジア太平洋の地域秩序 ほか)
第2章 地政学的枠組みを捉える(アメリカのアジア太平洋政策
中国の台頭とその政策 ほか)
第3章 東南アジアの戦略的動向(民族・宗教的多様性
経済格差 ほか)
第4章 アジア太平洋/東アジア/インド・太平洋と日本(日本を取り巻く現状
比較史的検討 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 海洋アジアvs.大陸アジア 日本の国家戦略を考える
  • 海洋アジアvs.大陸アジア 日本の国家戦略を考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中