ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近代日本語の思想 翻訳文体成立事情 新装版

  • 近代日本語の思想 翻訳文体成立事情 新装版

近代日本語の思想 翻訳文体成立事情 新装版

  • 柳父章/著 柳父 章
    1928年東京市生。東京大学教養学部教養学科卒。元桃山学院大学教授

  • ISBN
    978-4-588-43617-8
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,900 (税込:3,132

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本語の文体は近代以後、翻訳によってつくられた―大日本帝国憲法に象徴される翻訳悪文の系譜を分析して近代日本語文の欠陥を摘出するとともに、漱石、志賀直哉、谷崎などによる新文体創出の軌跡をたどりつつ、日本語文における論理と思想の問題点を抉り出す。新たに導入された主語や三人称、句読点、文末語などの使用経緯を思想形成過程とした捉え直し、日本文化論に新視角を提示する。
目次
第1章 「主語」は翻訳でつくられた
第2章 「主語」はこうしてつくられた
第3章 小説における主語
第4章 「文」は近代につくられた
第5章 文末語もつくられた
第6章 日本語はつくられていく
第7章 「~は…である。」文の新しい意味
第8章 日本語の論理
第9章 A+B→Cの文化論
第10章 漢字の造語力と、意味の空しさ
第11章 言葉の限界

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 近代日本語の思想 翻訳文体成立事情 新装版
  • 近代日本語の思想 翻訳文体成立事情 新装版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中