ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ナチスから図書館を守った人たち 囚われの司書、詩人、学者の闘い

  • ナチスから図書館を守った人たち 囚われの司書、詩人、学者の闘い

ナチスから図書館を守った人たち 囚われの司書、詩人、学者の闘い

  • デイヴィッド・E・フィッシュマン/著 羽田詩津子/訳 【デイヴィッド・E・フィッシュマン】ニューヨークのユダヤ人神学校の歴史教師。本書は、最も激しいホロコーストがあったリトアニアの首都ヴィリニュスの教会跡地で見つかったユダヤ人の文化的遺産の調査を依頼されたことをきっかけに、綿密な調査を重ねて執筆した。ナチス、ユダヤ文化研究としても貴重な資料であることから話題を呼び、2017年に全米ユダヤ図書賞ホロコースト部門を受賞。世界6カ国で出版されている。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    312,22p 図版16p
  • ISBN
    978-4-562-05635-4
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 見つかれば命はない。それでも服の下に隠して守ったのは、食料でも宝石でもなく、本だった。最も激しいホロコーストがあったリトアニアの首都ヴィルナ(現在のヴィリニュス)で、知識人ら40名のユダヤ人たちが命を懸けて闘った、知られざる歴史の記録。
  • ※発売日が変更になりました
    2月25日→2月23日
目次
第1部 戦前(シュメルケ―党員の生活
本の都市)
第2部 ドイツ占領下で(最初の攻撃
地獄の知識人たち ほか)
第3部 戦後(地下から
類を見ない美術館 ほか)
第4部 粛清から贖再へ(粛清への道
その後の人生 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:THE BOOK SMUGGLERS
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ナチスは迫害行為を正当化するため、ヨーロッパ全土のユダヤ人から蔵書や文化的財産を略奪し、ドイツ国内のユダヤ民族図書館へと移送した。しかし、ドイツに送られるのはほんの一部。残りの大半は焼却され、神聖なトーラーの巻物はナチス兵の革靴に再利用された。最も激しいホロコーストがあったリトアニアの首都ヴィルナ(現在のヴィリニュス)で、自分たちの文化が踏みにじられるのを許すまいとした通称「紙部隊」―知識人ら40名のユダヤ人たちが命を懸けて闘った、知られざる歴史の記録。全米ユダヤ図書賞受賞!

ページの先頭へ

閉じる

  • ナチスから図書館を守った人たち 囚われの司書、詩人、学者の闘い
  • ナチスから図書館を守った人たち 囚われの司書、詩人、学者の闘い

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中