ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 見ることは信じることではない 啓蒙主義の驚くべき感覚世界

  • 見ることは信じることではない 啓蒙主義の驚くべき感覚世界

見ることは信じることではない 啓蒙主義の驚くべき感覚世界

  • ページ数
    245,40p
  • ISBN
    978-4-560-09689-5
  • 発売日
    2019年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,672

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 五感の新たな活用を通して世界をとらえなおし、社会の改革をめざした人々。盲学校の誕生、おならを芳香にする薬、18世紀式“アロマテラピー”、ゾウ肉やネズミ肉など珍奇な肉料理が流行したわけ…。さまざまな試みや社会現象と、その背後にある思想を見る。
目次
第1章 自分で自分を作る―啓蒙主義時代の「天才」の作り方
第2章 新しい飲み物で、新しい自分になる―カフェでの自己投薬、感受性、交際
第3章 音の世界で生きる―パリの闇に沈む市場
第4章 有用な市民になる―盲目の(そして、目隠しされた)子供たちの才能
第5章 尻に煙を吹き込む―匂いの医学と有用な科学
第6章 感覚とは何か―セックス、自己保存、快楽、そして苦痛
第7章 ハーモニーを奏でる自然―猫ピアノ、色彩チェンバロ、匂いと味の音階
第8章 洒落男を気取る―人気顔料の政治学
第9章 美食家のまなざし―革命後の時代の「目で食べる」行為
第10章 自然を消化する―十九世紀イギリスのエキゾチックな動物試食クラブ
エピローグ 見ることは信じることではない

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:THE SENSATIONAL PAST
対象年齢 一般
発売日について 商品によっては、セブンネットショッピングの倉庫に搬入される日を発売予定日と表記させていただく場合がございますので、
出版社やメーカーが公表している発売日とは異なる場合がございます。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

啓蒙主義時代は「理性」だけの時代ではなかった

 いわゆる「長い18世紀」(1630年~1830年)に、ヨーロッパでは、新大陸をはじめとする世界中から、新たな食材、香辛料や香料・顔料が持ち込まれ、さまざまな新技術・新理論が誕生した。それらに刺激されて、著作家、芸術家、哲学者、医師、そして市井の人々までもが、新たな感覚刺激とその可能性に魅了され、精神と肉体の関係について議論した。その当時、人々の五感の使い方、そして価値観はどう変わったか。啓蒙思想家たちは、視覚のみならずあらゆる身体感覚および「内的」感覚を駆使して、世界をどう捉えなおし、社会を改良しようとしたか。 
 それまでさげすまれていた盲人の地位向上と盲学校の誕生、おならを芳香にする薬の研究、18世紀式“アロマテラピー”、知識人のあいだでゾウ肉やネズミ肉など珍奇な肉料理が流行したわけ……。数々の試みは、ときに偏見や迷信を打破し新たな世界を切り開く一方で、ときに現代から見れば?然とするような発想や新たな偏見へとつながった。五感(と、当時、第六・第七…と考えられた感覚)の使われ方から見る、新しい文化史。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 見ることは信じることではない 啓蒙主義の驚くべき感覚世界
  • 見ることは信じることではない 啓蒙主義の驚くべき感覚世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中