ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 革命と反動の図像学 一八四八年、メディアと風景

  • 革命と反動の図像学 一八四八年、メディアと風景

革命と反動の図像学 一八四八年、メディアと風景

  • 小倉孝誠/著 小倉 孝誠
    1956年生まれ。1987年、パリ・ソルボンヌ大学で文学博士号を取得。1988年、東京大学大学院博士課程中退。現在、慶應義塾大学文学部教授。専門は近代フランスの文学と文化史

  • ISBN
    978-4-560-08345-1
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「独裁も時にはぜひ必要だ。圧制者がいいことをしてさえくれれば、圧制政治も万歳さ」。同世代の人々の「精神史」を書こうと構想されたフロベール『感情教育』には、一八四八年の二月革命下、社会主義者が地滑り的に「転向」してゆく姿が描かれている。二月革命の歴史的意味は何だったのか?社会主義者はなぜルイ・ボナパルトの独裁にすり寄っていったのか?本書は、こうした問題関心から、十九世紀を席巻したロマン主義と社会主義、そして、それらを規定したメディアとテクノロジー、風景と音に光を当てる。革命と反動が交錯した時代は、都市に「雷鳴よりも騒々しい」産業革命の轟音が響き、科学が顕揚される一方、人々は教会の「鐘」を通した身体感覚もまだ残していた。「反動」の時代の基底を探る試み。
目次
愚かな世紀?
1 メディアと大衆(メディアと十九世紀フランス
新聞小説の変遷―主題とイデオロギー
新たな読者の肖像―シューに寄せられた手紙)
2 風景と音の表象(視線の力学
十九世紀の音―音の文化史序説
都市の響き、産業の喧噪)
3 革命と反動―一七八九年から一八四八年へ(ミシュレと歴史学の刷新
二月革命と作家たち
知の生成と変貌―『感情教育』のなかの社会主義)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 革命と反動の図像学 一八四八年、メディアと風景
  • 革命と反動の図像学 一八四八年、メディアと風景

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中