ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 内村鑑三 その聖書読解と危機の時代

  • 内村鑑三 その聖書読解と危機の時代

ポイント倍率

内村鑑三 その聖書読解と危機の時代

  • シリーズ名
    筑摩選書 0172
  • ページ数
    382p
  • ISBN
    978-4-480-01678-2
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦争と震災。この二つの危機に対し、内村鑑三はどのように立ち向かったのか。聖書学の視点から、その聖書読解と現実との関わり、現代的射程を問う著者畢生の書。(「近刊情報」より)
目次
序章 義についての語り口(美と義
日本文学批判 ほか)
第1章 生涯―二つのJのために(二つのJ
Japan―武士道に接ぎ木されたキリスト教 ほか)
第2章 新約聖書読解と戦争論(日清戦争の義戦論
福音書読解 ほか)
第3章 旧約聖書読解と震災論(大震災の年の夏の日記から
モーセ五書読解 ほか)
終章 本書全体の結びに(卑小にして偉大
いま内村を読むことは ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

戦争と震災。この二つの危機に対し、内村鑑三はどのように立ち向かったのか。彼の戦争論はいかに変転し、震災論はどこへ行きついたか。本書は、聖書学の視点から、内村の聖書研究に基づく現実との格闘を、厖大な文章や数々の足跡に寄り添いながら追っていく。そこから浮き上がる思想的可能性と現代的射程とはいかなるものか。近代日本を代表するキリスト者の地歩を明らかにした、碩学畢生の書。

ページの先頭へ

閉じる

  • 内村鑑三 その聖書読解と危機の時代
  • 内村鑑三 その聖書読解と危機の時代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中