ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 聴くと聞こえる on Listening 1950-2017

  • 聴くと聞こえる on Listening 1950-2017

聴くと聞こえる on Listening 1950-2017

  • ISBN
    978-4-422-91034-5
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 初期の作品から最新書き下ろしまで、「聴く」ことをめぐる、心にしみるアンソロジー。『二十億光年の孤独』『62のソネット』から65年ぶりの創元社刊。
目次
物音
クラヴサン
波の音を
和音
ピアノを開く時
ただそれだけの唄
53(影もない曇った昼に)
26(ささやかなひとつの道を歩き続けると)
きいている
三月のうた〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「目では分からない世界の奥行きが、耳には分かる」谷川俊太郎の最新詩集は「聴く」ことをめぐる、心にしみるアンソロジー。初期の作品から本書のための書き下ろしまで、60年を越える詩業から選び抜かれた46の詩とエッセイが、言い交す声に、川の瀬音に、弦の調べに、静けさに耳をすますことを勧め、時に自分の耳を信じるな、と警告する。本詩集はまた、作者が「私にとってなくてはならぬもの」と言うクラシック音楽へのオマージュでもある。モーツァルトが、ベートーベンが、友人、武満徹がうたわれる。「聴く」ことは作者の原点。自在、多彩な言葉が織りなす豊穣な世界がここにある。創元社からの刊行は、デビュー作『二十億光年の孤独』、翌年の『62のソネット』以来、じつに65年ぶり。

ページの先頭へ

閉じる

  • 聴くと聞こえる on Listening 1950-2017
  • 聴くと聞こえる on Listening 1950-2017

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中