ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • iめぇ~る

  • iめぇ~る

ポイント倍率

iめぇ~る

  • 田辺聖子/著 田辺 聖子(タナベ セイコ)
    作家。1928年(昭和3年)大阪市上福島生まれ。樟蔭女専(現・樟蔭女子大)国文科卒。’64年『感傷旅行』で芥川賞受賞。大阪人特有のユーモアとペーソス溢れる作品を、軽妙洒脱な文体で次々に発表。また古典への造詣の深さは『新源氏物語』『文車日記―私の古典散歩』などの名作となって結実。伝記小説でも『千すじの黒髪―わが愛の与謝野晶子』『花衣ぬぐやまつわる―わが愛の杉田久女』(女流文学賞)『ひねくれ一茶』(吉川英治文学賞)『道頓堀の雨に別れて以来なり―川柳作家・岸本水府とその時代』(読売文学賞・泉鏡花賞)といった佳品が“めじろ押し”。『女の長風呂』をはじめとする“カモカ・シリーズ”などのエッセーも秀逸。’94年(平成6年)菊池寛賞受賞。’95年紫綬褒賞受賞。2000年文化功労者に

  • ISBN
    978-4-418-02523-7
  • 発売日
    2002年10月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人は何のために生きるか?私は人生を楽しむために生きるのだ、と思っている。そして、楽しむことは人を愛すること、人に愛されることにほかならない。愛し、愛されて、楽しんで、そして命の終わるとき、“アア、楽しかった”といえるような人生を、私は送りたいと思っている。どんな人だって、愛するものや愛されるものを一人も持たなければ、心は死んでしまう。“愛”の手引き書。「幸福」へのバイブル。
目次
ああせいこうせいお袋
九十年ひとむかし
男親の教えた歌
何のために生きるか―私の場合
「ヨタ」に生きる―南北的極楽のすすめ
どうぞこうぞの新世紀
万夫みな可憐
さよなら、カモカのおっちゃん―喪主挨拶
私の理想の死に方
女の定説〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • iめぇ~る
  • iめぇ~る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中