ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鉄道人とナチス ドイツ国鉄総裁ユリウス・ドルプミュラーの二十世紀

  • 鉄道人とナチス ドイツ国鉄総裁ユリウス・ドルプミュラーの二十世紀

鉄道人とナチス ドイツ国鉄総裁ユリウス・ドルプミュラーの二十世紀

  • 【バン】澤歩/著 〓澤 歩
    1966(昭和41)年、大阪生まれ。大阪大学大学院経済学研究科教授。博士(経済学)。大阪大学大学院経済学部卒、同大学院経済学研究科博士後期課程中退。滋賀大学経済学部助手、在ベルリン日本国総領事館(当時)専門調査員、大阪大学経済学研究科助教授などを経て、2010年より現職

  • ページ数
    358p
  • ISBN
    978-4-336-06256-7
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,740

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 古い社会的偏見にさらされた技術官吏の出身ながら、二十世紀史の激しい社会変化のなかで異例の栄達をとげ、戦間期のドイツ国鉄(ライヒスバーン)総裁として国際的な名声を得た鉄道人ユリウス・ドルプミュラー。若き日の中国行から、世界大戦と革命を経験し、ヴァイマール共和国の崩壊後にはナチス・ドイツの暴力的な支配に迎合、ついに鉄道行政の責任者として戦争とユダヤ人虐殺に加担するまでを、ドイツ社会経済史の枠組みで描く初の評伝!
目次
第1章 プロイセン王国の技官―十九世紀「ドイツ」鉄道史のなかのドルプミュラー親子(19世紀末まで)
第2章 ドイツ帝国の海外鉄道―中国行きの鉄道技師(1908~1914)
第3章 帝国の崩壊―第一次大戦下ドイツへの帰還(1914~1918)
第4章 ライヒスバーンの誕生―「愛されない共和国」とドーズ案(1918~1926)
第5章 ドイツ・ライヒスバーン総裁―相対的安定期から大不況へ(1926~1933)
第6章 ヒトラーといかにつきあうか―強制的同質化のうけいれ(1933~1937)
第7章 ナチ政府の交通大臣―抗議者、アウトバーン、「鉄道の戦争」(1937~1942)
第8章 「死への列車」をはしらせて―ユダヤ人移送の実行と敗戦直後の死(1942~1945)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

古い社会的偏見にさらされた技術官吏の出身ながら、二十世紀史の激しい社会変化のなかで異例の栄達をとげ、戦間期のドイツ国鉄(ライヒスバーン)総裁として国際的な名声を得た鉄道人が、ナチス・ドイツの暴力的な支配に迎合し、ついに鉄道行政の責任者として戦争とユダヤ人虐殺に加担するまでを、ドイツ社会経済史の枠組みで描く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 鉄道人とナチス ドイツ国鉄総裁ユリウス・ドルプミュラーの二十世紀
  • 鉄道人とナチス ドイツ国鉄総裁ユリウス・ドルプミュラーの二十世紀

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中