ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「不法」なる空間にいきる 占拠と立ち退きをめぐる戦後都市史

  • 「不法」なる空間にいきる 占拠と立ち退きをめぐる戦後都市史

「不法」なる空間にいきる 占拠と立ち退きをめぐる戦後都市史

  • 本岡拓哉/著 本岡 拓哉
    1979年兵庫県神戸市生まれ。2003年関西大学文学部史学地理学科卒業。2009年大阪市立大学大学院文学研究科地理学専修後期博士課程修了、博士(文学)、専門は人文地理学。同志社大学人文科学研究所助教を経て、立正大学地球環境科学部地理学科特任講師

  • ページ数
    238,3p
  • ISBN
    978-4-272-52112-8
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,200 (税込:3,520

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後の住宅難において生成され、都市で生きる人々の軌跡が交錯する独特な空間となったバラック街。都市開発のなか「不法」な存在とされ、多くが消滅へと至る、その全体像に迫る新たな戦後史。
目次
第1章 「不法」なる空間のすがた
第2章 「不法」なる空間の消滅過程
第3章 「バタヤ街」を問いなおす
第4章 河川敷居住への行政対応
第5章 立ち退きをめぐる空間の政治
第6章 河川敷に住まう人々の連帯
第7章 集団移住へ向けた戦略と戦術

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「不法」なる空間にいきる 占拠と立ち退きをめぐる戦後都市史
  • 「不法」なる空間にいきる 占拠と立ち退きをめぐる戦後都市史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中