ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 俺がJBだ! ジェームズ・ブラウン自叙伝

  • 俺がJBだ! ジェームズ・ブラウン自叙伝

俺がJBだ! ジェームズ・ブラウン自叙伝

  • ジェームズ・ブラウン/著 ブルース・タッカー/著 山形浩生/訳 渡辺佐智江/訳 クイッグリー裕子/訳 ブラウン,ジェームズ(Brown,James)
    1933年、米サウス・カロライナ生まれ。子供時代から地元の「アマチュア・ナイト」で歌い優勝を重ねるが、15歳で服役。出所後、デビュー作の「プリーズ・プリーズ・プリーズ」がヒットし、黒人だけでなく白人にも人気のあるエンターテイナーとして国内外の音楽に大きな影響を与える。映画『ブルース・ブラザース』や’74年、ザイールでアリvs.フォアマン戦に合わせて開催されたフェスティバルにも出演。ヒットナンバー「セックス・マシーン」の歌詞Get up!が“ゲロッパ”ときこえることから、これが日本での愛称となる

    山形 浩生(ヤマガタ ヒロオ)
    1964年生。東京大学工学部都市工学科卒。マサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。野村総合研究所勤務

    渡辺 佐智江(ワタナベ サチエ)
    翻訳家

    クイッグリー 裕子(クイッグリー ヒロコ)
    1958年、山口県下関市生まれ。津田塾大学国際関係学科卒。’85年より米国在住。米国消費市場・産業リサーチャー

  • シリーズ名
    文春文庫
  • ページ数
    462p
  • ISBN
    978-4-16-765136-7
  • 発売日
    2003年09月

781 (税込:843

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「心配すんなって。ここから出る日にゃ、世界が俺のことを知るようになるぜ」。ゴスペル、ソウル、ファンク、R&B、あらゆる音楽を取り込んだぶっちぎりにパワフルなショーで歌うJBはいかにして誕生したのか。極貧の少年時代、服役、三度の結婚、黒人パワーの先駆者にしてショービズ界一番の働き者の自伝はステージに劣らず凄い。
目次
死産の赤ん坊
一〇セントのハーモニカ
罪深き町オーガスタ
売春婦と説教師
一ドルのバトル・ロイヤル
俺は絶対捕まらねえ!
刑務所
監獄ロック
仮釈放と神の歌
炎のフレイムス〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原書名:James Brown
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 俺がJBだ! ジェームズ・ブラウン自叙伝
  • 俺がJBだ! ジェームズ・ブラウン自叙伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中