ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 合成生物学の衝撃
  • 合成生物学の衝撃

  • 合成生物学の衝撃
  • 合成生物学の衝撃

合成生物学の衝撃

  • ISBN
    978-4-16-390824-3
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 二〇〇〇年代初頭、マサチューセッツ工科大学に集まった
    科学者たちは、生物学を工学化することを思いつく。
    コンピュータ上でDNAを設計し、その生物を実際につくってみるのだ。
    「合成生物学」と呼ばれるようになるその学問は
    ビル・ゲイツをして「もっともホット」な分野と呼ばれるようになる。
    企業が血眼になり、軍の研究機関が莫大な予算を投じる。
    そうした中、孤高の天才科学者が二〇年かけて
    ついに人工生命体を作ることに成功する。
    ヒトまでも人工的につくる時代が来るのだろうか?

    『捏造の科学者-』で
    新たな科学ノンフィクションの地平を開いた
    著者が放つ大宅賞受賞後第一作!
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 生物を「工学化」する
第2章 人工生命体プロジェクトはこうして始まった
第3章 究極の遺伝子編集技術、そして遺伝子ドライブ
第4章ある生物兵器開発者の回想
第5章 国防総省の研究機関は、なぜ合成生物学に投資するのか?
第6章 その研究機関、DARPAに足を踏み入れる
第7章 科学者はなぜ軍部の金を使うのか?
第8章 人造人間は電気羊の夢をみるか?
第9章 そして人工生命体は誕生した

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中