ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • わかりやすさの本質

  • わかりやすさの本質

ポイント倍率

わかりやすさの本質

  • 野沢和弘/著 野沢 和弘(ノザワ カズヒロ)
    毎日新聞東京本社社会部副部長。1959年静岡県熱海市生まれ。毎日新聞入社後、厚生省(当時)、障害者虐待取材班、児童虐待取材班などを担当。科学環境部副部長を経て現職。また社会福祉法人「全日本手をつなぐ育成会」理事・権利擁護委員長、千葉県障害者差別をなくす研究会座長などを歴任

  • シリーズ名
    生活人新書 169
  • ISBN
    978-4-14-088169-9
  • 発売日
    2006年01月

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世の中には難しい出来事があふれ、それを伝えるメディアの言葉も難解だ。障壁だらけの現代社会で、そうした情報を誰にもわかりやすく伝える表現とは何か。本書は、新聞記者と知的障害者が、ともに取材・執筆・編集に挑戦する新聞「ステージ」の知恵と工夫を紹介。難しい記事をわかりやすく書き、表現する試行錯誤を通して、新しいコミュニケーションを考察する、画期的な「バリアフリー文章流儀」入門。
目次
第1章 やさしい記事・難しい記事(「ステージ」誕生
O157 ほか)
第2章 わかりやすさの技法(長いと難しくなる
主語と述語の微妙な関係 ほか)
第3章 迷路のような社会(新聞語
比喩 ほか)
第4章 障害とコミュニケーション(知的障害者の文章
メモリー ほか)
第5章 ドラマから裁判まで―バリアを解く(「聖者の行進」を見に行く
アルジャーノンに花束を ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • わかりやすさの本質
  • わかりやすさの本質

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中