ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 革新幻想の戦後史 下

  • 革新幻想の戦後史 下

革新幻想の戦後史 下

  • 竹内洋/著 竹内 洋
    1942(昭和17)、東京都生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。京都大学大学院教育学研究科教授などを経て、関西大学東京センター長、関西大学名誉教授・京都大学名誉教授。歴史社会学・教育社会学専攻。96年に『日本のメリトクラシー』(東京大学出版会)で第三九回日経経済図書文化賞を受賞。『革新幻想の戦後史』で第一三回読売・吉野作造賞受賞

  • シリーズ名
    中公文庫 た74-3
  • ISBN
    978-4-12-206173-6
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

880 (税込:968

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大学キャンパスを支配した“革新幻想”は、何をもたらし、どのようなねじれが生じたのか。そしてインテリと大衆の境目がなくなった現在、社会はどこへ向かうのか。左派と保守の二項対立では要約できない「あの時代の空気」を様々な切り口から掬い上げる。文庫版下巻には補論「鉄のトライアングル―進歩的文化人・岩波・朝日」を増補。
目次
5章 福田恆存の論文と戯曲の波紋(福田恆存と清水幾太郎
「解つてたまるか!」
進歩的文化人をめぐる攻防)
6章 小田実・ベ平連・全共闘(颯爽たるデビュー
小田実とベ平連
歴史のなかで見る全共闘)
7章 知識人界の変容(大学解体論と大学教授叩き
知識人概念の拡散
保守系オピニオン誌の擡頭)
終章 革新幻想の帰趨(石坂洋次郎の時代
草の根革新幻想
大衆モダニズムの帰結)
補論2 鉄のトライアングル―進歩的文化人・岩波・朝日

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 革新幻想の戦後史 下
  • 革新幻想の戦後史 下

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中