ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出
  • 脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出

  • 脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出
  • 脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出

  • 鈴木大介/著 鈴木 大介
    1973(昭和48)年千葉県生まれ。ルポライター

  • シリーズ名
    新潮新書 754
  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-10-610754-2
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

820 (税込:886

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 41歳で脳梗塞になった後、僕は僕じゃなくなった!?
    夜泣きにガン見、小銭が数えられず、電話も会話もできない……
    リハビリ後に悩まされた思いもよらぬ困難と、その克服までを描く。
    『脳が壊れた』著者最新刊。
    (「近刊情報」より)
目次
序章 脳コワさんになった僕
第1章 号泣とパニックの日々
第2章 僕ではなくなった僕が、やれなくなったこと
第3章 夜泣き、口パク、イライラの日々
第4章 「話せない」日々
第5章 「受容」と、「受容しないこと」のリスク
第6章 脳コワさん伴走者ガイド

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

41歳で脳梗塞を発症。リハビリを重ね、日常生活に復帰した「僕」を待っていたのは「高次脳機能障害」の世界だった!小銭が数えられない、「おっぱい」から視線が外せない、人混みを歩けない、会話が出来ない、イライラから抜け出せないの「出来ないこと」だらけに加えて、夜泣き、号泣の日々。『脳が壊れた』から2年、著者はいかにして飛躍的な回復を遂げたのか。当事者、家族、医療関係者、必読の書。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中