ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 座談の思想

  • 座談の思想

座談の思想

  • 鶴見太郎/著 鶴見 太郎
    1965年京都府生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専門は日本近現代史。京都大学大学院博士後期課程(現代史)修了

  • シリーズ名
    新潮選書
  • ページ数
    319p
  • ISBN
    978-4-10-603736-8
  • 発売日
    2013年11月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 話し言葉の豊かさ、情緒、曖昧さをもって、座談はときに著作よりも雄弁にその人の思想の本質をあらわす。座談の場で、相手の発言に誘発され生じる着想や反発、沈黙―その一瞬の動きに、文章にはあらわれない思想の幅や誠実さが浮かび上がる。膨大な対話の記録を掘り起こし、近代日本思想史を捉え直す画期的評論。
目次
第1部 座談と日本近代(座談という思想空間
座談的世界の広がり―『三酔人経綸問答』から)
第2部 企画者の光と影―菊池寛(良い座談会にむけて
軌道に乗る座談会
劣悪な環境の中で)
第3部 彼等の座談(優れた座談のかたち―桑原武夫の力量
対峙する場―柳田国男と石田英一郎
感情と内省―中野重治の誠実
良い話相手とは誰か―丸山眞男に対坐する
寡黙さの中に―竹内好の表情)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 座談の思想
  • 座談の思想

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中