ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 林芙美子女のひとり旅

  • 林芙美子女のひとり旅

林芙美子女のひとり旅

  • 林芙美子/〔著〕 角田光代/著 橋本由起子/著 角田 光代
    作家。1967年神奈川県生れ。早稲田大学第一文学部卒業。1990年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、2005年『対岸の彼女』で直木賞、2006年「ロック母」で川端康成文学賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞を受賞

    橋本 由起子
    江戸東京博物館学芸員。専門は日本近代文学。1977年東京都生れ。中央大学大学院文学研究科国文学専攻博士前期課程修了

  • シリーズ名
    とんぼの本
  • ISBN
    978-4-10-602212-8
  • 発売日
    2010年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 尾道、屋久島、門司、パリほか、林芙美子が人生の節目で旅し、愛した場所を、心はずむ紀行文と写真でたどる。
目次
1 門司―私は宿命的に放浪者である
2 尾道―泳いだ海、恋をした山
3 東京―ああ一人の酔いどれ女でございます
4 パリ―巴里の街は、物を食べながら歩けるのです
5 北海道―山や湖を見て暮したいと思っていました
6 北京―私は北京がほんとうに好きだ
7 屋久島―人間が住んでいる島なのかと思えるほどだった
8 落合―この近所で私を知らないものはもぐりだそうでコウエイの至りなのである

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 林芙美子女のひとり旅
  • 林芙美子女のひとり旅

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中