ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 残る本残る人

  • 残る本残る人

残る本残る人

  • 向井敏/著 向井 敏(ムカイ サトシ)
    1930年大阪生まれ。大阪大学文学部仏文科卒。文芸評論家・エッセイスト。著書に『書斎の旅人』(新潮社)、『本のなかの本』(毎日新聞社)、『読書遊記』(講談社)、『虹をつくる男たち』『文章読本』『表現とは何か』『海坂藩の侍たち』『司馬遼太郎の歳月』(いずれも文芸春秋)などがある

  • ISBN
    978-4-10-346702-1
  • 発売日
    2001年01月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本の見どころ勘どころを数行の言葉にきりりと絞る。手がけた書評1000篇。書評歴20年。書評エッセイの達人がおくる20世紀最後の10年のエッセンス99。知的な会話が楽しめるお薦めの1冊。
目次
1 本の年輪(飯田龍太の句歴
丸谷才一の文学史構想
谷沢永一の書誌学的思考
小西甚一の俳諧研究史 ほか)
2 傑作の秘密(ボールのなかの永遠と無限―平出隆『ベースボールの詩学』『白球礼讃』
田之助あわれ―南条範夫『三世沢村田之助』
驚異の博覧強記―荒俣宏『世界大博物図鑑』
文明批評家の冒険―山崎正和『ローマを見た』 ほか)
3 才能のカーニヴァル(野球という魔物―W・P・キンセラ『野球引込線』
追放された神々の末路―エリオット・アジノフ『エイトメン・アウト』
神話と前衛のあいだで―サルマン・ラシュディ『真夜中の子供たち』
署名入りの紙幣―レイモンド・カーヴァー『ささやかだけれど、役にたつこと』 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 残る本残る人
  • 残る本残る人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中