ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 環境共同体としての日中韓

  • 環境共同体としての日中韓

環境共同体としての日中韓

  • シリーズ名
    集英社新書 0326
  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-08-720326-4
  • 発売日
    2006年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま、国境を越えて広がる環境危機!
    公害、毒菜、ごみ問題…。日本と中国、韓国は環境問題を共有している。それぞれの国の環境汚染が、他国に越境被害をもたらしているのだ。深刻な環境危機の現状を紹介し、未来への取り組みを探る。
目次
第1章 世界の中で影響力を増大させる日中韓
第2章 既に環境共同体!?相互に環境破壊を輸出し合う日中韓(中国→日・韓:大陸から酸性雨の原因物質が流れ込む
中国→日・韓:砂漠や黄土地帯から「黄砂」が飛来する ほか)
第3章 日中韓の環境問題には大きな共通点があった(CO2排出量の増加が温暖化を促進する
東アジアで原子力発電所の拡大が進行する ほか)
第4章 各国が直面する深刻な環境問題(日本・諫早湾干拓で有明海の生態系が危機に
日本・核燃料サイクルの危険性が次第に現実化する ほか)
第5章 未来に向けた取り組みが始まった(中国・専門知識を身につけた環境NGOが躍進する
中国・日本よりも先を行く環境法の整備が進む ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 環境共同体としての日中韓
  • 環境共同体としての日中韓

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中