ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ、猫とつきあうのか
  • なぜ、猫とつきあうのか

  • なぜ、猫とつきあうのか
  • なぜ、猫とつきあうのか

ポイント倍率

なぜ、猫とつきあうのか

  • 吉本隆明/〔著〕 吉本 隆明
    1924‐2012。東京都生まれ。東京工業大学卒業。詩人、思想家

  • シリーズ名
    講談社学術文庫 2365
  • ISBN
    978-4-06-292365-1
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

820 (税込:886

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人は竪、猫は横に親和して住んでいる気がする―。幼いころから生活のなかに猫がいて、野良猫・飼い猫の区別もゆるく日々をともに過ごし、その生も死も幾多見つめてきた思想家は、この生きものに何を思ったのか。詩人の直観と、思想する眼差しと、ともに暮らすものへの愛情によって紡ぎ出されたことば。猫を愛するすべての人に。
目次
1 なぜおまえは猫が好きなんだ、というふうに言われたら、存外こっちのひとりよがりで…
2 人間なんかになれているようなふりしているけど、絶対なれていないところがありますからね。
3 種族としての猫というのは、犬に比べたら、横に生活している気がするんです。
4 猫のほうはなにかやっぱり受け身のわからなさみたいなのがたくさんあってね。
猫の部分

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「この本のなりたちを思うと、いかなる血や涙もただ流れるだけではなくなにか豊かなものに注がれているのだとあらためて思った」――吉本ばなな

幼いころから飼ってきた猫たちとのつき合い、猫の習性、猫という存在のわからなさ、人と猫との関係、猫の死……。このもっとも身近にして、つかみどころのない生き物について、詩人の直観と、思想家の眼差しと、ともに暮らすものへの愛情によって描きだす傑作エッセイ。

(解説=吉本ばなな、挿画=ハルノ宵子)(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中