ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命

  • エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命

ポイント倍率

エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命

  • 三浦篤/著 三浦 篤
    1957年、島根県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専門はフランス近代美術史、日仏美術交流史。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。パリ第4大学で文学博士号(美術史)取得。2015年、フランス共和国芸術文化勲章シュヴァリエ受勲

  • シリーズ名
    角川選書 607
  • ISBN
    978-4-04-703581-2
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 印象派が産声をあげる直前の19世紀パリ。画家マネのスキャンダラスな作品は官展落選の常連であったが、伝統絵画のイメージを自由に再構成するその手法こそ、デュシャン、ピカソ、ウォーホルら現代アートにも引き継がれてゆく絵画史の革命だった。模倣と借用によって創造し、古典と前衛の対立を超えてしまう過激な画家は、芸術のルールをいかにして変えたのか。謎めいた絵画作品の魅力と、21世紀へと続くその影響力に迫る。
目次
1 過去からマネへ(成熟するイメージ環境
イタリア絵画―ティツィアーノとラファエロ
スペイン絵画―ベラスケスとゴヤ
フランドル・オランダ絵画とフランス絵画)
2 マネと“現在”(近代都市に生きる画家
主題としてのパリ
画像のアッサンブラージュ
近代画家の展示戦略)
3 マネから未来へ(印象派―ドガとモネ
セザンヌとゴーガン
二十世紀美術―ピカソを中心に
マネと現代アート)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

印象派より危険で、ピカソより前衛的──。
マネを起点に描き出す新たな西洋絵画史。

印象派が産声をあげる直前の19 世紀パリ。画家マネのスキャンダラスな作品は官展落選の常連であったが、伝統絵画のイメージを自由に再構成するその手法こそ、デュシャン、ピカソ、ウォーホルら現代アートにも引き継がれてゆく絵画史の革命だった。模倣と借用によって創造し、古典と前衛の対立を超えてしまう過激な画家は、芸術のルールをいかに変えたのか。謎めいた絵画作品の魅力と、21世紀へと続くその影響力に迫る。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命
  • エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中