ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史

  • 万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史

万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史

  • 小川靖彦/著 小川 靖彦
    1961年、栃木県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。専攻は日本上代文学(万葉集および万葉学史)、書物学(主に中国文化圏の巻子本)。国文学研究資料館、和光大学、日本女子大学を経て、青山学院大学教授。博士(文学)。『萬葉学史の研究』(おうふう)で上代文学会賞、全国大学国語国文学会賞受賞

  • シリーズ名
    角川選書 539
  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-04-703539-3
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 今、私たちが『万葉集』を楽しめるのは、成立以来1200年にわたる享受の歴史があったからである。時代とともに大きく変化する歌の読み方を検証し、『万葉集』が日本人を魅了し続ける理由を明らかにする。(「近刊情報」より)
目次
第1章 『万葉集』を「読む」ということ
第2章 『万葉集』を読んでいた紀貫之―平安時代前期における『万葉集』
第3章 紫式部と複数の『万葉集』―平安時代中期における『万葉集』
第4章 藤原定家の“古代”―平安時代後期における『万葉集』
第5章 「道理」によって『万葉集』を解読した仙覚―中世における『万葉集』
第6章 賀茂真淵の“批評”―江戸時代における『万葉集』
第7章 佐佐木信綱による「校本」と「評釈」―近代における『万葉集』
第8章 『万葉集』の未来

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

日本最古の歌集『万葉集』は、8世紀末から今日まで、愛されつづけてきた稀有な歌集だ。しかし、漢字だけで書かれた万葉歌は、時代によって異なることばに読み下され、時代ごとの考え方や感じ方を強く反映した解釈がなされてきた。紀貫之、紫式部、藤原定家、仙覚、賀茂真淵、佐佐木信綱らが読んだそれぞれの時代の『万葉集』は、どのようなものだったのか。その読み方に現れる日本人のこころの歴史をたどり、万葉集の魅力に迫る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史
  • 万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中