ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 長くつ下のピッピ 新版

  • 長くつ下のピッピ 新版

長くつ下のピッピ 新版

  • アストリッド・リンドグレーン/作 大塚勇三/訳 アストリッド リンドグレーン(Lindgren,Astrid)
    1907‐2002。スウェーデン南部の小さな町・ヴィンメルビー出身の児童文学作家。『長くつ下のピッピ』『やかまし村の子どもたち』『はるかな国の兄弟』など、その作品は58ヵ国語に訳され、世界中の人びとに愛されている

  • シリーズ名
    岩波少年文庫 014
  • ISBN
    978-4-00-114014-9
  • 発売日
    2000年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

680 (税込:734

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「あしながおじさん」にヒントを得て、作者リンドグレーンの小さい娘が、「ねえ、長くつ下のピッピって女の子のお話を作って」と母に頼んだ。そこで生れたのがこの世界一つよい少女の物語だった。自由ほんぽうに生きるピッピに、子どもは自分の夢の理想像を発見し、大人は愛さずにはいられない野育ちの永遠な少女を見出す。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
原題 原タイトル:Pippi L〓ngstrump
対象年齢 小学中学年
版数 新版

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

来年小学生となる年長組の娘に、そろそろ活字本にも慣れたほうがいいのかな、と思い購入しました。本自体は小学3・4年以上が対象なので、読み聞かせしました。字が多く、1章ずつでも読む側もなかなか大変でした。内容も少々訳語が古かったり、ピッピの突拍子もないお話についていけるかな?と不安もありましたが、娘はしっかり楽しんで聞いていました。細かいところをひとつひとつ理解するのではなく、全体として自由で愉快な子供の世界がしっかり伝わったようでした。特に大人の登場場面が少なく、でてきたとしても悪役だったりして、ピッピに負かされてしまうところが子供受けするようです。いずれ自分で読めるようになり、ピッピの世界をもっともっと楽しんでくれるといいなあと思います。(アドちゃんさん 30代・埼玉県鳩ケ谷市 女5歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 長くつ下のピッピ 新版
  • 長くつ下のピッピ 新版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中