ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 改憲論を診る

  • 改憲論を診る

改憲論を診る

  • ページ数
    240p
  • ISBN
    978-4-589-02834-1
  • 発売日
    2005年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あなたにとって憲法とは?憲法調査会、政党、メディア、文化人、経済界、研究者の改憲論を診断する。
目次
いま、何が変えられようとしているのか
1 軌跡を診る(憲法制定過程を診る
9条解釈論から診る―軌跡と到達点からの選択肢は
今日の改憲論とそこで問われていないこと)
2 改憲論を診る(改憲動向を診る―改憲手続と憲法裁判所設置論を中心に
憲法調査会における改憲論議
改憲動向としての教育(基本法)改革とナショナリズム ほか)
3 展望を診る(いま「護憲」であることは「現実的」か?
国際社会の現実と日本国憲法―国際社会への日本国憲法の問いかけ)
むすびにかえて―憲法改正国民投票権者に問う

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「護憲」は非現実的か。改憲論の問題状況を立憲主義の立場から診断。改憲論を診る素材と視角を提供し、その内在的矛盾を照射する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 改憲論を診る
  • 改憲論を診る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中