ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • がん、うつ病から家族を救う愛の療法 SAT imagery therapy

  • がん、うつ病から家族を救う愛の療法 SAT imagery therapy

がん、うつ病から家族を救う愛の療法 SAT imagery therapy

  • 宗像恒次/著 宗像 恒次(ムナカタ ツネツグ)
    筑波大学大学院教授、保健学博士。1948年大阪府生まれ。73年東京大学大学院修了。世界保健機関(WHO)エイズ世界対策局研究顧問、世界保健機関(WHO)薬物依存部顧問を経て、ハーバード大学医学部医療文化センター国際委員、特定非営利活動法人ヘルスカウンセリング学会会長、国際社会学会(ISA)執行理事、日本社会学会国際委員、日本精神保健社会学会会長、日本保健医療行動科学会会長

  • ページ数
    207p
  • ISBN
    978-4-391-13050-8
  • 発売日
    2005年05月

952 (税込:1,028

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • がんやうつなどストレス疾患の真の原因は大脳の「扁桃体」記憶にあった。魂の傷を癒し、病を根っこから断つ驚異のSATイメージ療法。
目次
序章 子宮の中でいったい何があった?
第1章 愛されなかった胎内記憶
第2章 「扁桃体」記憶を再構成する
第3章 愛する人の魂の叫びが聞こえますか
第4章 うつ病治療の勘違い
第5章 がんを味方につけて生きる
終章 夫婦でできるセルフセラピー

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • がん、うつ病から家族を救う愛の療法 SAT imagery therapy
  • がん、うつ病から家族を救う愛の療法 SAT imagery therapy

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中