ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 怖い部屋の話 ゾッとする間取りと事故物件

  • 怖い部屋の話 ゾッとする間取りと事故物件

電子書籍版

怖い部屋の話 ゾッとする間取りと事故物件

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2022年11月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    256
  • デジタルコンテンツタイトル名
    怖い部屋の話 ゾッとする間取りと事故物件
  • ISBN
    978-4-299-03554-7
  • 発売日
    2022年10月20日

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,300 (税込:1,430

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 深夜3時、ドアのノックが止まらない部屋。
    ドアを叩くのはいったい誰なのか?

    怪談師・田中俊行が収集した最新・最恐の46編
    マンション・アパートで本当にあった話――


    あなたの怖い場所はどこですか?
    幽霊が出るといわれている心霊スポット、報道された事故現場、暗い夜の自殺の名所……人が怖いと思う場所はたくさんあります。でも、それは本当に怖い場所ですか? 自分から望んで手に入れる恐怖は娯楽でしかないと私は考えます。
    もし、わざわざこちらから出向いた怖い場所で怪異に遭遇したら、人はどうするでしょうか? そう、「家」や「部屋」に逃げ帰るのです。
    温かく安心できる我が家に帰れば、怖いものは何もない。そこは自分の縄張りであり、生活の基盤です。人を守り、安らぎを与えてくれる場所。それが「家」や「部屋」なのです。
    そんなリラックスの場であるはずの我が家が、怪異の源になってしまったら、これほど悲惨なことはありません。逃げ場がないのですから、自分の家で体験する恐怖には終わりがないのです。(田中俊行)

    【目次】
    第一章 田中俊行の「怖い部屋と家」
    生首が現れる部屋
    家の中を腕が通り抜ける
    実家で僕は犬になった
    バラバラ殺人の部屋
    うるさいガレージの秘密
    光るティッシュが浮く部屋
    家を呪う電柱のカバー
    ほか

    第二章 ゾッとする「怖い部屋」
    不気味な「お風呂が沸きました」
    換気扇に何かいる部屋
    窓を割る下の住人
    デリヘル嬢と開かずの部屋
    部屋に執着する女
    謎の番組が映るテレビ
    ウーバーイーツが届かない部屋
    部屋の窓から自殺者が見える
    ほか

    第三章 「事故物件」の怪異
    カラスがベランダに集まる理由
    “上下左右”が空き物件の謎
    真ん中の部屋
    「ととのい」すぎるサウナ
    押し入れの隙間から見られている
    住人が同じ夢を見る部屋
    リビングにある黒ずんだシミ
    ほか

    第四章 「家と建物」の恐怖
    深夜3時、ドアのノックが止まらない
    ベッドの下に子供がいる
    エレベーターの窓に白い顔
    N号棟404号室
    壁から白い腕が飛び出す部屋
    独身寮の廊下マラソン
    歌舞伎町の自殺ビル
    呪われたラブホテル
    4階がない雑居ビル
    深夜3時の来訪者
    見えない猫が走る
    ほか

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 怖い部屋の話 ゾッとする間取りと事故物件
  • 怖い部屋の話 ゾッとする間取りと事故物件

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中