ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ボタニカ

  • ボタニカ

電子書籍版

ボタニカ

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2022年01月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ボタニカ
  • ISBN
    978-4-396-63617-3
  • 発売日
    2022年01月21日

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,800 (税込:1,980

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ただひたすら植物を愛し、その採集と研究、分類に無我夢中。
    莫大な借金、学界との軋轢も、なんのその。
    すべては「なんとかなるろう! 」
    ――日本植物学の父、牧野富太郎。愛すべき天才の情熱と波乱の生涯!

    「おまんの、まことの名ぁを知りたい」
    明治初期の土佐・佐川の山中に、草花に話しかける少年がいた。名は牧野富太郎。
    小学校中退ながらも独学で植物研究に没頭した富太郎は、「日本人の手で、日本の植物相(フロラ)を明らかにする」ことを志し、上京。
    東京大学理学部植物学教室に出入りを許されて、新種の発見、研究雑誌の刊行など目覚ましい成果を上げるも、突如として大学を出入り禁止に。
    私財を惜しみなく注ぎ込んで研究を継続するが、気がつけば莫大な借金に身動きが取れなくなっていた……。
    貧苦にめげず、恋女房を支えに、不屈の魂で知の種(ボタニカ)を究め続けた稀代の植物学者を描く、感動の長編小説。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ボタニカ
  • ボタニカ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中