ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • NEW COMPOSER Vol.15

  • NEW COMPOSER Vol.15

電子書籍版

NEW COMPOSER Vol.15

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    NEW COMPOSER
  • 発売日
    2021年10月15日

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,000 (税込:1,100

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    1930年創立、90年の歴史を誇る作曲家団体「日本現代音楽協会(現音)」による機関誌。論文「現代音楽史を生きた作曲家今史朗、その再評価に向けて」(中村滋延)「《レクィエム》から《詩篇》へ ~三善晃掌論~」(三枝木宏行)や、作曲家・篠原眞へのインタビューも掲載。その他「自作を語る」(斉木由美)、「現代音楽教育プログラム小史2~童楽II~」(坪能克裕)、「地方在住作曲家の存在意義をめぐって」(久保禎)、「我が修業時代」(平良伊津美)、「ISCM世界音楽の日々2019エストニア大会に参加して」(三宅康弘)、「作曲家に訊く」(赤石直哉・池田悟・近藤浩平・久田典子)、「第36回現音作曲新人賞受賞の言葉-『Turning Tuning』楽曲解説」(柴山真太朗)、「私を作った5枚のレコード」(河内琢夫)、「生死を超えた観点から音楽史の過去、現在、未来を考える」(ロクリアン正岡)、「打楽器演奏私論」(會田瑞樹)付録:国際現代音楽協会(ISCM)音楽祭〈世界音楽の日々〉日本作品入選記録。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 日本現代音楽協会
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • NEW COMPOSER Vol.15
  • NEW COMPOSER Vol.15

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中