ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 怪談売買録 嗤い猿

  • 怪談売買録 嗤い猿

電子書籍版

ポイント倍率

怪談売買録 嗤い猿

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    224
  • デジタルコンテンツタイトル名
    怪談売買録 嗤い猿
  • ISBN
    978-4-8019-2083-5
  • 発売日
    2019年12月07日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

650 (税込:715

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内容紹介

    あなたの不思議な体験、買います――
    これは市中で選り集めた、限りなく生に近い恐怖の実録である……

    黒木あるじが地元・山形県でおこなったイベント「怪談売買所」。
    集まったのは、リアルな日常の影から不意に姿を現したかのような怪談の数々。

    大雨の夜、道に佇む母子を父親は車の荷台に乗せたが…「関山峠」、
    山道で出逢った異形が放つ奇妙な声「嗤い猿」、
    絶対に書いてはいけないと代々言われ続けてきた〈文字〉。それを記すと…「喪字」、
    人が亡くなる前に訪れるのモノとは…とある地区の伝承を書き留めた連作「シンがきた」など73話を収録。

    誰もが不思議な話や奇妙な体験談を持っている。もちろん、あなたも――。

    解説/宇津呂鹿太郎


    著者について

    『怪談実話 震』で単著デビュー。
    「無惨百物語」シリーズ、『黒木魔奇録』『怪談売買録 拝み猫』『怪談実話傑作選 弔』『怪談実話 終』など。
    共著には「FKB饗宴」「怪談五色」「ふたり怪談」「瞬殺怪談」「怪談四十九夜」各シリーズなど。
    小田イ輔やムラシタショウイチなど新たな書き手の発掘にも精力的だ。
    近著に小説『掃除屋 プロレス始末伝』。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 竹書房怪談文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 怪談売買録 嗤い猿
  • 怪談売買録 嗤い猿

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中